読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始

f:id:noa-s:20170110083954j:plain

2017年1月4日

 

2016年は30日まで職場で労働。月末月初に忙しい職種なので仕方がないこととはいえ、年末ぎりぎりまで働いているとやはりプライベートがややおろそかになりますね。

29日くらいから落ち着いて大掃除やお正月のごちそうの準備などしたい願望があるのですが、

例年通り31日に大急ぎで大掃除になりきらない中途半端な掃除をし、デパ地下にお惣菜を求めて繰り出すことになるのでした。

 

ぐっちゃぐちゃに混んでるお惣菜コーナーで自前の容器で計量をしてもらうのは少々心苦しいものがあるのですが、

この年末年始は割合うまく行きました。

 

私の場合、容器をあらかじめ持参することに関しての煩わしさというのは全く感じないのですが(そのあたりは毎日のお弁当が当然という生活の中で慣れてるせいかも)、

売り場の人が持参した容器を使わされれることに対して不快感を持たないか、ということがかなり気になります。

というのも、Lauren Singerみたいなきれいな若い子がおしゃれなメイソンジャー取り出して「Can you do into this?」とか言ったら、そりゃあ全然いやではないだろうけど、

ばさばさしたおばさんが目を血走らせてやってきて、「これでお願い!」って使い古したタッパーとか取り出してごらんよ、かなり印象悪いよ。その容器に触りたくないとか思うかも。

なので、自分自身も常に身ぎれいにするようにし、容器の清潔感にも気を遣う。容器を取り出す袋にも気を遣う!…疲れます(書いていて自分の性格的な問題のような気もしてきましたが…。)

 

こういうときにお互いに気持ち良く使える(気がする)のでお勧めなのが野田琺瑯White Seriesです。

清潔感のある白色とあっさりした形で、あまり売り場の人を困惑させない気がします。

持ち帰ったお惣菜が余ったら蓋をしてそのまま冷蔵庫にしまえるし、電子レンジを使わない我が家では蓋を外してそのままオーブンで温め直しができるところも気に入っています。

難点は重たいところですかね。あまりたくさんは持っていけない感じ。

 

それから、ちょっと楽しいのがアラジンのアコーディオンコンテナです。

これは、使わないときはコンパクトに折りたたんでおけるお椀型の蓋付きコンテナなのですが、

「すみません、これ(といって、売り場の人の見ている前で畳んである容器を広げる)に入れていただけますか」とやると、

たいていみんな感心するので面白いのです。

これは登山用品店で見つけて一目ぼれした商品で、大中小一通り所持しています。登山時の携帯に便利ということは当然軽くて持ち運び安いので重宝しています。

問題はプラスチック製なこと(一応BPAフリーとはなっていますが)。長時間油ものを入れ続けることはしません。知らなかったんだよ、買った当時Plastic-freeっていう考え方のことは…。忸怩たるものがありつつも便利でかわいいので手放せません。

 

年末年始はゴミの回収も一週間くらい休みになってしまいますが、

容器持参の買い物に励んだおかげで取り始めの日を待ちわびることもなく快適に過ごせました。

ゼロ・ウェイスト(には程遠いけど)のメリットを存分に味わった年末年始です。