コンポストに入れられない硬いごみの利用方法

2017年9月7日

 

以前、コンポストのことを調べていたときにみつけたこちらのブログで、貝殻をプランターの鉢底石代わりに使うというアイデアを知りました。

http://takaofficial.jp/post/137075914721/0円無料でプランターの鉢底石貝がらや鶏の骨を活用

takaofficial.jp

 

これ頭いいなー、絶対真似しよう、と思っていたのですが、現在に至るまで、貝を買う機会は無く。

骨付きのお肉を食べることは滅多にありませんし、魚の骨は、むしろうちの微生物たちの大好物です。そんなわけで、今のところコンポストに入れられない硬いものというと、梅干の種くらいです。

 

先週末に、仁を食べるために溜めておいたものをまとめて割りました。形状がなかなか良い感じです。

f:id:noa-s:20170903212611j:plain

 

ちなみに、割るときには専用の「梅割り器」というものを使っています。硬い殻が軽い力で簡単に割れるので重宝しています。

www.mukasiume.com

追い求めない女-ゼロ・ウェイストで生まれた余裕

2017年9月5日

ゼロ・ウェイストなんてやってるのは若い女性でお金と暇のある人だけじゃん、というような批判があるそうで。

時間的余裕と金銭的余裕があって、若くて、健康で、きれいで、他人から好意的に受け入れられているからできる生活なのでは?みたいなイメージでしょうか(後半は、若くない私が僻みっぽく勝手に思っていることです・苦笑)。

 

時間とお金に関しては、卵が先か鶏が先か、みたいなもんだと思います。

 

私は一般的な基準からすればいかにもお金と時間に困らない恵まれたタイプというわけではありませんが、少なくとも以前の自分と、ゼロ・ウェイストを意識するようになってからの自分とを比べてみると、時間的にも金銭的にもかなりの余裕ができたように感じています。

 

割合若いころからミニマリスト気味な生活スタイルを志向していましたが、その頃は少なく持つ分常に最高の物を持てないと我慢がなりませんでした。そして、その「最高」というのは結局「そのときの自分が知る限りの最高」でしかないので日々簡単に覆されてしまいます。必然的に買い替えが多くなり、いつ何時でもより良いものを探し続け、入れては出すことを繰り返す、今にして思えば結構辛い時期でした。

 

それが、ゼロ・ウェイストを意識するようになって価値観が少し変わり、この常態化した出し入れがなくなりました。立ち止まったことによって自分の所有物を見直してみてたときに思ったことは、「もう十分、良いもの既にいっぱい持ってる」。

振り返ってみれば、愛用品はがつがつと探し回った挙句に入手したものよりも、偶然出会ったものが大半です。そんなことにも気づいてしまい、以降、自然な出会いを泰然と待てるようになりつつあります。

買い物のためのリサーチ時間が大幅に減ったので、その分やるべきことに時間を回せるようになりました。当然、買い物自体が減ったので出費も激減しました。

 

あとは量り売りに限った話ですが、実際問題として余計な浪費がしづらくなります。

というのも、先日、平日に休暇がもらえたので、ちょっと自由ヶ丘にでも繰り出して、まだ行ったことのないVOMFASSでビネガーとか買ってみたりしちゃおうかなー、などと浮ついたことを考えたのです。が、家の中を見渡してみると、空いているジャーがない…。そしてリンゴ酢も米酢も、近場で瓶入りで買ってきたものがまだ十分に残っているのでした。これが容器持参可の量り売りでなかったら、買いたいと思ったものを好きなだけ家に持ち込めてしまいます。ゼロ・ウェイストのおかげで、私は室内空間を迂闊に圧迫しなくて済み(自然と収納場所のサイズにあった生活をするようになるという点で、これほど都会暮らしに適したポリシーは無いんじゃないかと思います)、不要な浪費を抑え、時間を節約できたのでした。

 

いったんうまく軌道に乗れば、楽で穏やかな生活に繋がるであろうゼロ・ウェイストなので、若い女性だけのものと切って捨てられてしまったらすごくもったいない。なので……おばちゃんも、しつこくブログを書き続けようと思います。

ダメだって・涙

f:id:noa-s:20170827212119j:plain

2017年9月4日

 

こういうことを言うと確実に非オシャレ認定されてしまうと思うのですが(で、実際その通りなのですが)、靴にあまり興味がありません。

美しい靴、観賞する分には大好きなんです。ただ、自分が実際に履くとなると手入れのしやすさや歩きやすさが優先なので、装飾の少ないあっさり・さっぱりした形、安定した踵を求めてしまいます。とはいえ、あまりにも野暮ったいものはそれはそれで嫌なので、気に入るものがなかなか見つけられません。そして、合皮はすぐにだめになり、蒸れて履きごごちも悪いので、基本的に本革を選びます。でもあんまり高価なのはお財布的に無理です。

 

お洒落じゃないわりに小うるさい、こんな基準をクリアしてとても気に入っていたサンダルが、今年ついに上の画像のようなことになりました。本革のアッパー部は全く傷みがないのですが、インソールだけがぼろぼろ。ポリウレタンめ…。買ったときはインソールの素材は全く気にしていなかったのです。失敗した!

 

本体は無傷なのだし、とても気に入っているのだし、なんとかできないかと思い、伊勢丹のリペアカウンターに持ち込みました(伊勢丹で買った靴だったので)。が、「インソールがこの状態ということは全体的にも傷んでいるので、直してもそれほど長持ちしないと思います。そもそも形状的に応急処置的なことしかできないので…」と申し訳なさそうに断られてしまいました。むーん…何でも直してくれそうな雰囲気醸し出してるのになぁ。「全体的にも傷んでいる」って言ったって、本革部分は無傷なのになぁ…。

 

一旦は諦めて処分しようかとも思ったのですが、対応してくれたのが若いお兄ちゃんだったこともあって、別の価値観(新しいものほど良い、とか、修理代で新品が買えるならばそうした方が得、とか)の持ち主なのかもしれないので、もう少し手元に置いて、相談に乗ってくれそうな修理屋さんを探そうと思います。

ちょっと検索してみたら「他店に断られた靴もあきらめないでください!」っていうフレーズ、結構見かけましたので。

おうオレは三井、あきらめの悪い男…(違う)。

 

あとは、購入時にきちんと素材確認しないとダメですね。今時はポリウレタンを使っていないものを探すのは難しいのかもしれませんが、今後は中途半端なものを買わないように気をつけないといけないなぁと、かなり反省しました。