lower waste optionということで買ったものなど

2017年8月18日

 

先月、近所に業務用スーパーがオープンしました。

楽しみにしていましたが、実際に足を運んでみると、全てが見事にプラスチックパッケージ入りで、容量の大きいものもあまり置いてなかったので、ちょっと残念な感じ。

特に生鮮野菜は、一つ一つの物は大きくて立派なのですが、業無用なだけに数個まとめて予めプラスチック袋に入ってしまっています。裸で売られていたのは冬瓜とアボカドだけでした。どうしろっていうの…。

 

そんな中で唯一アリかも、と思ったのが乾麺類です。パスタ5kg入りの袋とか。この日は偵察だけのつもりだったので、5kgを運ぶ気力がなく、下の画像の中華麺1kgを買いました。この手の乾麺って一食分ずつ束ねられているものもよく見かけるので、麺だけ入っているのはシンプルで良いと思います。ただ、私は中華麺の乾麺は縮れているタイプの方が好きなので(かつては都一の中華そば()を愛用。大袋で売り出してくれないかな…)食べる喜びに関してはちょっと微妙。汁のある麺料理向きな感じではあります。

f:id:noa-s:20170815212726j:plain

 

それから、大分昔の話ですが、タイ食材店で買った腐竹。

f:id:noa-s:20170313053558j:plain

 

湯葉大好きなのです。一番美味しい乾燥ゆばはやはり日光のもの()だと思うのですが、たった40gで袋のみならず中にプラスチックのトレイまで入っています。他方、こちらの中国湯葉、包装は外袋のみの200g入り。

  

そして、たまに見かけるトレイ入りではないエリンギ。

f:id:noa-s:20170815212502j:plain

一応包装の重さを量ってみたところ、この袋は2.5g、よくある大きいのと中くらいのが二つ入ったトレイは4gでした。単純に包装の重さだけを比較すると焼け石に水な感じですが、今回の袋の中身は、大2、中3という構成だったので、やらないよりはいいかなと思います。こういう売り方をしているときになるべく買って冷凍しておくようにしています。

 

 

しかし…、量り売りがないとなるとこういう買い方をせざるを得ませんが、やっぱりツマンナイですね…。確かにこういったことの積み重ねで我が家のプラスチック排出量は減りましたが、ゼロになったわけではない。リサイクルボックスのスペースは依然取られているし、保管中の見た目も美しくないし、麺とゆばは味について多少の妥協もしているし。

近所に、麺屋さんと乾物屋さんが切実にほしいです…。

最近のハマリもの:ココナッツミルクパウダー

2017年8月17日

 

Plastic Free July後、料理に動物性蛋白質を使わなくても同居人がそれほど寂しがらないことが分かったため、良い菜食レシピを探すのが楽しい今日この頃です。

 

そんな折に見かけたこちらの記事。わー、美味しそう。食べてみたい。 

casse-pied.hatenablog.com

 

しかしココナッツミルクを使うのか。缶ゴミ出ちゃうなぁ。缶以外でココナッツミルクって手に入るのかしらん。

そう思って検索をかけてみたところ見つけたのが、今ドはまり中のココナッツミルクパウダーです。 

www.cocowell.jp

元々ココナッツミルクは大好きなのですが、缶詰の場合、一度開けてしまうと、好物なだけに日持ちの問題を口実にどんどん食べ進めてしまい、それが慢性化して缶の屍累々ということになりそうで手を出しあぐねていました。

パウダーだったら必要なときに必要なだけ使えます。これは便利かもしれない。300g入っていて、水を加えて、1:5でココナッツミルク、1:1でココナッツクリームになるとのこと。

 

今回買いに行く時間がどうしても取れずに通信販売で買ってしまったのですが、小さなダンボール箱の中に缶をそのまま入れて送ってもらえたので、ゴミは最小限で済みました。

商品のパッケージ自体も、一応全てリサイクルOKです。

f:id:noa-s:20170815212556j:plain

 

誤算だったのは、スープ等料理に使う場合は十分なのですが、そのまま飲む(食べる)場合、1:5の割合ではちょっと薄いということです。朝ごはんやおやつとしてバナナとレーズンを加えて食べるのが好きなのですが、結局、1:1の割合で消費してしまうので、買ったばかりなのに早くも無くなりかけているという…。

f:id:noa-s:20170815212621j:plain

 

そのまま食べるとなると、コストパフォーマンス的にはいかがなものかと思います。というのも、一食分として最低でも100gくらいは食べたいですが、そうすると一回分が300円を超えてしまうわけで…。

 

保存に頭を悩ませなくてもいいという点はとても気に入っているので、料理用に常備するのはアリかなと思っています。

こちらのレシピ本のマッサマンカレーを1:5の割合で作ってみましたが、とても美味しくできました。 

VEGE&SPICE 野菜、スパイスで 世界の菜食ごはん

VEGE&SPICE 野菜、スパイスで 世界の菜食ごはん

 

  

次回は時間を作ってちゃんと自由が丘まで買いに行くつもりです。自由ヶ丘VOMFASSも行ってみたいしね!

マスカラの代わり(実験中)

f:id:noa-s:20170815212412j:plain

2017年8月16日

 

これで実際に機能するかどうかはまだ実験中なので何とも言えないのですが、とりあえずアイデアだけ。

 

Zero Wasteを意識し始めて以来、市販のマスカラはやはりちょっと使い辛くなりました。かといって私は顔の構造上、市販のものですらパンダになります。DIYなどしようものならアリス・クーパーになるであろうことは想像に難くありません。

日常生活においては、もはや素まつげの顔に慣れてしまったので構わないのですが、ゴス服を着るときはやっぱりそれなりにアイメイク盛りたい(・・・あ?目的がそれだけなら別にアリス・クーパーでもいいのか・・・?)。つけまつげを一つ所持して、まつげ増量が必要なときにはDIYの糊で貼り付けておけば良いのではないの?と思ったわけです。

 

で、早速休みの日に試してみたのですが、残念、3時間で剥がれちゃいました。つけまつげの幅が広すぎるのが第一の原因だと思うので、今手元にあるつけまつげをカットするか、目尻だけのタイプのものを新たに入手するか検討中です。

 

糊はこちらで紹介されているやり方で作りました。

www.zerowaste-mama.com

私のはかなり雑に作ってしまったのでダマがひどいですが、単なる糊としてだったら十分に機能します。ただ、1/3量で作っても結構な量なので、使い切らないうちにカピカピにならないかちょっと心配。まぁ、そうなったらなったでコンポスターに食べてもらえるので良いのですが(こういうとき、少し気が楽)。

 

ちなみに、この糊で目の周りが痒くなったり痛くなったりということは特に無かったです。耐久時間が短かったせいもあるかと思いますが。

最低でも6時間くらいはもってほしいので、引き続き方法を模索するつもりです。

お気に入りZero Waste関連ウェブサイト2

2017年8月9日

 

許可をいただいて、サイドバーのZero Waste関連リンクが2件増えました。

 

それでもくらしはつづく(zerowastemamaさん)

ここでご紹介するまでもなく、皆さんご存知かとは思いますが、ま、このトピックは私のファンレターのようなものだと思っていただければ。

zerowastemamaさんは、大変まっとうな方のようにお見受けします。私のように偏った生活をしている偏った人間(ソーシャルライフほぼゼロ・笑)ではない方が、きちんと現実と折り合いをつけながらゼロウェイストな生活を丁寧に送ってらっしゃるところが好きです。

 

Zero Waste log(kominskiさん)

まず、ずばりそのものなタイトルがかっこいいなぁと思いました。そして、簡潔で無駄がない文章で、淡々としていながらときどきくすりと笑わせてくれます。あっさりしているのに食い足りなさを感じない不思議なブログです。

  

少し前に比べると、Zero Waste関連のブログ、じわじわと増えてきているみたいです。あればあるほど良いですね!皆様がブログで共有してくださるゼロ・ウェイストのアイデアのおかげで、少しずつ私の生活のスキルが上がってきていると思います。感謝してます。

全部入りの日

f:id:noa-s:20170806133943j:plain

2017年8月8日

 

朝から晩まで外に出っぱなしの日のゼロ・ウェイスター的持ち物です。

 

右手前から、ハンカチ・ガーゼティッシュ・エコバッグ(” Recycle or DIE”って書いてありますよ。ゼロ・ウェイスター的には微妙(笑)。” 5R”とか自分で作るかね…)。

中央手前から、お弁当用カトラリー・お弁当箱代わりのステンレス製バターケース・スープジャー・ドリンクボトル代わりのメイソンジャー。

左手前から、朝ごはん用の断熱コンテナ・お茶を仕込んだストレーナー・スポーク・蜜蝋シート。

 

この他に、写真に含めませんでしたが、食事に行くとき以外(ライブとか)に夕方軽くパンを食べてから職場を出たりするので、それを買うとき用の琺瑯バットが入ってたりします。

 

・ランチボックスはこの他にアルマイトの四角いものも持っているのですが、こちらのステンレスの方が洗うのが楽なため、最近出番が多くなっています。軽さを優先したいときはアルマイトの方を使います。

・カトラリーとスポークの両方を持って出るのはとても無駄な気がしますが、スポークだとジャーやランチボックスに傷をつけそうで怖いので…。竹製のスポークにすればいいのかもしれませんが、あまり可愛いと思えず。

・職場にマグを置いておくようにしたので、メイソンジャーは夜用事があるときだけ持って行きます。今気づいたんですが、朝ごはん用のコンテナを洗ってドリンクボトル代わりにしてしまえばいいのかな。…でも洗うの、めんどくさいな…(給湯室が遠い)。

・お茶を飲み終わった後の茶葉は持ち帰ってコンポストへ。

 

朝ごはん用コンテナとメイソンジャーと上述の琺瑯バット以外は基本的に毎日鞄に入っています。そして、当然、これ以外に、お財布やら電話やらiPodやらKindleやら裏紙ノートやらも入っているので、かなり重たいです。重たいのはそれほど苦にならないのですが、これらが鞄の中でぐっちゃぐちゃになるのが悩みです…。