DAY13 修理しよう

10月は子供向けゼロ・ウェイスト31日間チャレンジに取り組んでいます。

www.goingzerowaste.com

 

13日目のお題は、ボタンが取れたシャツ、一部が壊れたおもちゃなどは、捨ててしまわないで修理しましょう、です。

この程度だったら別にゼロ・ウェイストとかわざわざ言わなくても普通の話かと。まぁ、こども向けだからね…。

私が今手元に持っている要補修物品は何足かの靴です。自分で直すのはちょっと無理なので修理に出すのですが、このところの雨続きのせいで修理屋さんに持ち込めてません。数年前から直さなきゃと思いつつ放置しているものも含めてこの機会にすっきりしたいと思ってます。

 

そんなどうでもいい話はともかく。 

私が尋常じゃなくすごいと思っているのは、リンクさせていただいているぽこ33さんがよくなさっている割れてしまった器の金継ぎです。

gominaikurashi.blog.fc2.com

 

(こういったところから 外注という手も。)

hatoya-f.com

 

うちの食器は異常に頑丈で、落としたりぶつけたりするとむしろ他のものを破壊するので(かつてファイヤーキングにPCと歯を割られた経験あり・笑)なかなか真似する機会がないのですけれども。

DAY12 本物を使おう

10月は子供向けゼロ・ウェイスト31日間チャレンジに取り組んでいます。

www.goingzerowaste.com

 

12日目のお題は、今週いっぱい使い捨てをやめて、繰り返し使えるものを選びましょう、です。

ペットボトルではなくウォータボトルを、紙皿やプラスチックカトラリーではなく、ちゃんとした食器とカトラリーを、紙コップではなくマグやグラスを、紙ナプキンではなく布のナプキンを、と。

 

外食の際の話になってしまいますが、質の高いものを食べることを心がければ、例示されているような食まわりの使い捨ては避けやすいのではないかと思います。

例えば5回ファストフードで食事をする代わりに、まともな、ちょっとクラシックなレストランでの1回の食事にする、とかすれば。あたしゃ紙ナプキンなんぞを置くようなレベルの低い店には入らないんだよ、くらいの気持ちで(映画『プラダを着た悪魔』で、主人公の友達が、主人公のボーイフレンドが働いているレストランで「まぁ、こんな程度の店からでも、とにかくキャリアをスタートさせないといけないもんね。紙ナプキンですか、勘弁してよ」って言ってました。そんなお高くとまったキャラクターではなかったから、そういうものなんだと思います。現実問題としては難しい気もしますが…)。 

 

使い捨て全般について思うことですが、正直、使い捨ては一切許せない、断固拒否!というものでもないと思っています。その目的が衛生や安全にあるのであれば致し方ないかと。

『Plastic Free』のBeth Terryが病院での施術の際に椅子に敷かれるプラスチックのシートを拒否しようとして闘っていましたが、私としてはそういうのはちょっと違うかな…。実際に明らかに無駄に使われているものもあるかもしれないので問題意識は常に持ち続けた方が良いと考えていますが、皆で使うものに関して、管理者が衛生保持上必要だと判断して使っているものを個人の一存で退けようとするのはいかがなものかと思います。

 

他方、使い捨ての目的が単純に利便性・簡易性であるならば、自分が多少面倒な思いをするくらいならば使わずに済ませたいものです。

DAY11 洗濯物は乾燥機を使わずに乾かそう

10月は子供向けゼロ・ウェイスト31日間チャレンジに取り組んでいます。

www.goingzerowaste.com

 

11日目のお題は、洗濯物は乾燥機にかけないで物干し綱やランドリー・ラックで吊って干しましょう、です。

 

今回この31日チャレンジをするにあたり、まず全ての日について大体何をするのかざっくりしたメモを作ったのですが、この日について私が書いたこと。

 

「10/11 水曜 DAY11 Line dry  普通じゃね?」

 

昭和生まれ42歳、今までのところ乾燥機は洗濯機置き場のないアパートでコインランドリー生活をした2年間以外は使ったことがありません。現状維持で行きたいと思います。。

 

ケロッグさんは太陽光で漂白効果が、とかおっしゃってますけど、タオル類はともかく、ファッションアイテムは紫外線で退色して寿命が短くなるので外干しはやめたほうがいいと思います。