読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニスイーツ撃退法

2017年3月17日

 

うちの心優しい同居人は小動物のお世話が大好きです。

現状ペット禁止のマンションに住んでいるため、その“お世話したい欲求”を私に向けている節があります。

私がくたびれていたり何となく沈んでいたりするようなときには甘いものを与えるのが効果的だと思っているらしく、そのたびにコンビニスイーツを頂戴してしまうのは、嬉しい反面がっくり、というのは以前ちらりと書いた話です。

 

が、そういえば最近プラスチック入りの甘いものを与えられていません。その代りに、同居人は3~4日に一回、せっせとリンゴパイやらバナナパイやらを焼いてくれています。

 

コンビニスイーツを買ってきてくれたとき、その気持ちはとてもありがたいと思ったので、特にプラスチックごみが出ることに対して苦言を呈したことはありません。私、何か言ったっけ…?

 

記憶を辿ってみると思い当たることが一つ。

私は寒さと睡眠不足に極度に弱いのですが、あまり睡眠時間が確保できない日々が続いたときに夜の外出が重なったことがありました。遅い時間に帰宅する際、眠気と冷えが極限状態となり、どうしても、今、自分を甘やかす何か必要だ!と、自らスーパーで小さなプラスチックカップに入ったプリンを買って帰ってしまったことがありました。

帰宅後、早速それを食べたのですが、体調が悪いせいか全くおいしく感じない。ごく普通のスーパーで買えるような、良くないモノがいろいろ入っている市販品なので、実際にもおいしくなかったのだと思います。

 

「ああ、これ、まっずい、なんでこんなの買ったんだろう、もう二度とこういうの買わない…、最悪、ああ、まっずい…、なんでこんなもの買ってしまったんだろう、ああ、最悪」

 

呪詛の言葉を吐きつつお菓子を食べる私が相当怖かったのでしょうね…。

 

他方、家で作ってくれたお菓子は「いやー、やっぱり家庭で作ったお菓子は雑味が無くておいしいね!最高だね!」と常に褒め称えて来たので、もう手作りのものを与えるしかないと思ったのでしょうか。

 

結論

コンビニスイーツ撃退法:「これは不味い」とはっきり言う(実際不味い)