読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水ルーティン

f:id:noa-s:20170508205546j:plain

2017年5月11日

 

以前にも書きましたが、飲用・調理用の水は一晩程度汲み置きして塩素を抜いた水道水です。

汲み置きには最近までオールドパイレックスのキャセロールとガラスのジャーの二つを使っていましたが、

同居人休業中にて在宅時間が長くなり、上記二つでは水の量が足りなくなってしまったため、ジャーをもう一つ買い足しました。

日中二人とも仕事に行っていたときでも足りなくなることは時々あったので、3つ体制にしてとても快適になりました。

 

さらに浄化用の炭も、この機会に100均あたりで適当に買ってきたちっぽけな炭(炊飯用?)をやめて、きちんとした備長炭を新調しました。

 

手順ですが、一つの容器の水を使い切ったら、軽く洗って水を入れ、少し放置し、その後に乾かした備長炭を入れています。

最初から炭を入れても問題ないのでしょうけれども、なんとなく少し塩素が抜けてからの方が良いような気がしてこのようにしています。

備長炭自体のお手入れについては、本当は都度煮沸・乾燥したものを使うのが一番だと思いますが、浄化の効果が出なくなったらやればいいよねということで同居人と合意が取れたので、まぁ、一ヶ月に一回くらいまとめてすればいいかなと思っています。

 

その浄化の効果ですが、私自身は繊細な舌を持っていないのでよく判らないのですが、同居人曰く、格段に味がまろやかになっているとのことです。

 

※写真のネコの抜き型は、「ただいま塩素抜き中、飲んじゃだめ」の目印です。