読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動機を作る:休日のゴミ出しをやめる

2017年4月6日

 

昨日の続きです。

 

日々の生活をZero Wasteに近づけたいのにままならない、という現状を変えるため、

理想だけでは動けない自分自身に対して、先に具体的なメリットを用意してしまうことにしました。

 

今まで我が家のゴミ出し担当は同居人だったのですが、ちょっと事情があり当面私が代わりにやることになりました。

燃えるゴミの日は週二回で水曜日と土曜日。

水曜日は仕事がありますので、出勤ついでに出すことに何の問題もありません。

が、辛いのは土曜日です。普段4時半起床の慢性的睡眠不足なので、休みの日くらいは時間を気にせずゆっくり寝ていたいのです。

 

土曜日に堂々と朝寝を楽しむためには、ゴミの発生量を減らすより他にありません。

といっても、毎回20Lのゴミ袋の4分の1程度の量なので、何もしなかったところでそもそもオーバーフローにはなりようがないのですが。ま、気分的な問題として。

(ちなみに、ゴミ袋調達担当も同居人で、近所に10Lのゴミ袋が売っていないと言っているのですが、本当かな…。うちのゴミの量に対して20L袋は完全にムダなんだけど…。)

 

炊事も全面的に引き受けたので、今後台所は完全に私のコントロール下に入りました。

というわけで、しばらく台所から出るゴミと親しんでみて、どの程度のことができるのか模索しようと思います。