読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買えるには買えたけれど…

f:id:noa-s:20170313053653j:plain

2017年3月16日

 

洗濯と食器洗いに愛用しているサンダーレッドが残り少なくなってきました。

これまでずっと通信販売で入手してきましたが、現在通販断ち実験中のため、自分の住んでいる街で探すことになります。結論から言うと、買うことはできました。

 

緑豆のときには適当に歩き回って探しましたが、今回はメーカーが特定できているので、まずホームページから問合せをしました。

「今まで通販で買っていましたが、梱包ゴミが出るのが嫌になったので、新宿区で置いているお店があったら教えてください。東急ハンズで480g入りは見たことがありますが、なるべく単位が大きい方が良いので5kgか3kg袋の置いてあるお店はないですか?」

この段階では、私はかなり状況を楽観視していました。新宿区内の自然食品店のどこかには卸してるだろう、と。

 

ところが、その日のうちにいただいたお返事は、「梱包材のゴミのこと、私も同じように感じていますが、残念ながら新宿区に取扱店はありません」とのこと。がーん。

詳しく伺ってみると、都内で5kg袋を置いているのは下馬のナチュラルハーモニーだけだそうです。確かに重たいしね、気軽に買ってくる感じではないから分からないでもない。そして下馬に用事は…無いなぁ。ナチュラルハーモニーの藁づと納豆はおいしかったけど、藁づとが不織布に入ってるしなぁ。

 

ご親切に、メールのお返事では以下のご提案をいただきました。

 

「1.東急ハンズ新宿店に取り寄せを頼む。

   問屋さんを通じて入荷しますので、少々時間がかかります。

 2.当方より直接送る、

   包装は簡易(板ダンボールで巻いて、宅配袋に入れて出荷)ですが、

   送料は700円かかります。

 3. 当方よりまとめ買いをする。

   価格は卸価格でお徳用でおすすめです。

   5㎏は段ボール箱に4袋入り、3㎏は6袋入りです。

   1ケースで1年分ぐらいになりますから、結果的には包装材が一番節約になります。」

 

ふむ。

一番心惹かれるのは3番なのですが、箱の大きさと重さ・荷解きの面倒さを考えると気が重くなります。保管スペースは現在まとめ買いしたトイレットペーパーに埋め尽くされていますし、トイレットペーパーよりも重さがあるでしょうからプラスチックの結束テープでぐるぐる巻きになって運ばれてくることは間違いありません。

 

試してみるとするなら1番かな、ということで先々週の金曜日会社帰りに東急ハンズに出向いて聞いてみました。時間が遅かったので既に問屋さんが営業を終了しており、確認が取れたら連絡をもらえることになりました。

発注可です、と連絡が来たのが週明け火曜日、そして金曜日には入荷したとの連絡をもらいました。……時間、全然かかってませんけど。超スピーディーですけど。私にとっては(通販で買い物をするのって大体土曜日か日曜日で、そうすると平日は受け取れないから次の土日着に受取日を指定することになります。結局一週間後になるわけです)。

いやー、現代人のみなさんはその程度も待てないのかしらね。これ、全然「時間がかかる」うちに入らないって。

 

喜んで、次の土曜日、用事の帰りに受け取りに行きました。5kgの重さは、私にとっては一人で運べる許容範囲です。学生時代、鞄の中は教科書・六法全書・英和辞典・独和辞典・仏和辞典・西和辞典・文庫本とお弁当!みたいなことになっていて10kg超えることも普通でしたし。しかし現在の自分の体力を考えて、念のため人足(同居人)も手配しておきました。報酬はステーキ奢り。

 

カウンターで伝票を渡して品物をお願いしたところ、店員さんが段ボールを抱えてやってきたので一瞬焦りましたが(段ボールを運ぶことは想定していなかった)、もちろん中身だけいただきました。自分のトートバッグにちょうど入れられる大きさで、一人で運べることも確認できました。結局はステーキに固執する人足が運びましたけれども。

 

というわけで、無事通販に依らずに入手できてめでたしめでたしなはずなのですが、何か釈然としないというか。

手間がかかった割に環境負荷という観点からは空回りだった感があります。少なくともハンズの伝票一枚と、問屋さんからハンズへの物の移動に段ボール一枚が私のために余分に使われちゃってますから。結局通販で買うのと大して変わりはなかったような…。

 

地元のお店に恒常的に仕入れられているものの中から一つを選んで満足する、というのが一番謙虚なやり方なのだろうと思うのですが、一度いろいろな選択肢を知ってしまうとなかなかそうもいかず…。難しいです。