読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイカップ仲間ができました

使い捨てにNo!

2017年2月9日

 

以前にも書いたことがありますが、私が働いている職場には、朝、出張カフェが来てコーヒーや軽食がもらえます。

私も週に2~3日利用させてもらうのですが、自前のカップを持って列に並んでいると、ときどき前後に並んだ人が話しかけてくれるようになりました。

 

自分のカップ持ってきてるんですねー、と言われるので、そうなんですよー紙コップもったいない気がしてー、とあっさり目にお返事。

「そうなんだ、えらいねー。」

 

たいていは、そこ止まりです。

が、一昨日話しかけてくれた同じチームのTさんは違いました。

「そうですよね。どんどん環境悪くなってるし…」

お、この人は話の判る人なのかしら?

そういう場合はもう少し話します。

「紙コップのゴミ箱別になってますけど、回収しているのはベンダーじゃなくてビルの清掃業者さんなので、単純に燃えるごみにされてないか不安なんですよ」

「それはまずいですね」とTさん。

ここまで言わせてもらえれば私としては大満足なのですが、Tさんはさらに続けます。

 

「私ね、時々悩むんですよ。あの、納豆のフィルム?あるじゃないですか。あれを洗うべきなのかどうかって。洗って水が汚れるのと、汚れたままで燃やすのと、どっちが環境負荷が少ないんだろうって。で、メーカーに電話したんです

おお、こっち側の人ではありませんか!

「そしたら、そういう視点では何も考えてないおじさんが出てきちゃって。どっちでもいいですよー、って。結局もやもやしたままなんです」

 

ここでTさんのコーヒーが出来上がり、Tさんは「また環境トークしましょう!」と爽やかに席に戻って行かれました。

 

そして次の日。

「おはようございます」と私の席の前を横切って行ったTさんの手には陶器のマグがありました。

「早速持ってきたんですよ~」

…感動…。

 

こういうのはかなり稀なケースかとは思いますが、また同じ柳の下のドジョウを狙いたいものです。