読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暫定措置のキムチもどき

f:id:noa-s:20170130092559j:plain

2017年1月29日

 

キムチが大好きなのですが、スーパーのキムチは余計な添加物が入っている上にゴミが出ます。

徒歩十分のコリアンタウンに量り売りしてくれるお店はきっとあるのだろうと思うのですが、

同居人曰く

「でもすごく昔に容器持ってって入れてもらおうと思ったら、衛生面の問題があるのでお客さんの持ち込み容器はお断りしてるんですって言われたじゃん」とのこと。

ああ、そういえばそんなこともあったような…。

 

まぁ、緩いお店は一つくらいあるでしょうから追々探すとして。

 

仕方がないので暫くはなんちゃってキムチを家で作ることにしました。

既に持っている16ozサイズのジャーだと少ししか作れないので、32ozジャーを新調してしまいましたが、

白菜1/8カットくらいの量が丸々入れられていい感じです。

一昨年くらいまではレシピ本に書いてある通りジップロックで作っていましたが、

プラスティック・フリーやゼロ・ウェイストを意識するようになり、新しいジップロックを買うことがなくなったので作りにくくなっていました。

ここ数回メイソンジャーで作っていますが、漬け込んだ直後にためらいなくジャーを逆さにして冷蔵庫に入れておけるのでキムチだれの絡みも袋で作った時と比べて遜色なく、食べ終わった後は逆にこちらの方が洗うのが楽です。

 

ただ、このキムチもどき、サラダ感覚で食べる分にはおいしくていいのですが、キムチ鍋などの材料として使うにはちょっと物足りなさそうです。まだやってみたことはないのですが。なので、いずれ野田琺瑯を持ってコリアンタウンをさまようことになるかと思います。

 

ところで、今回32ozジャーを買いに東急ハンズに行ってびっくりしたのですが、ちょっと前までWECKなんかと一緒に島一つ分コーナーが設けられていたメイソンジャーが、保存容器売場の隅に追いやられて4種類×2つずつくらいの品揃えになってしまっていました。

みんなもう飽きちゃったの???こんなに使い勝手いいのにな…。